トップページ > 各市町村からのメッセージ > 鴨川市の魅力と支援情報

鴨川市の魅力と支援情報

鴨川市の魅力

豊かな自然環境と温暖な気候

鴨川市は、房総半島の南東部にあって太平洋に面しており、山間部には、「日本の棚田百選」に選定された「大山千枚田」など、美しい田園風景が広がっています。海岸線には、「日本の渚百選」に選定されている「前原・横渚海岸」があり、海岸線に沿って植えられたヤシの木が南国ムードを醸しだしています。山も海も素晴らしい自然環境と景観を有するほか、黒潮の影響により、1年を通じた平均気温が16.1℃と温暖な気候にも恵まれています。

充実した医療・福祉環境

高度な医療機能を有する大規模な民間の総合病院をはじめ市立国保病院など多くの医療機関が立地しており、人口に対する病床数は県内でも高い水準にあります。介護サービス事業所も多く、充実した医療・介護環境を活かしながら、地域包括ケアの推進に取り組んでいます。
また、総合保健福祉会館(ふれあいセンター)を拠点として、市民参加型の健康づくりや介護予防の推進にも取り組んでいます。

 

救命医療を担う基幹病院「亀田総合病院」

子育てやレジャーについて

シャチやイルカのパフォーマンスなど海の世界をリアルに展示する「鴨川シーワールド」や、太平洋に面した海の釣堀で、本格的な磯釣り気分を味わうことができる「太海フラワー磯釣りセンター」(※植物園は閉園しており、海の釣堀のみ期間限定で営業)など、家族でも楽しめる観光スポットがあります。

歴史的建造物・観光スポット

日蓮聖人ゆかりの「誕生寺」や「清澄寺」、「鯛の浦」のほか、「大山千枚田」、「仁右衛門島」など多くの観光スポットがあります。また、「里のMUJIみんなみの里」では、みかん狩り・いちご狩り・太巻き祭り寿司・陶芸・ガラス工芸・萬祝染め等、約20種類の体験メニューがあります。

日本近代サーフィン発祥の地

1960年頃に横須賀基地の米軍兵士たちがサーフボードを鴨川に持ち込んだことで、鴨川の少年たちの間でサーフィンが広まりました。現在では多数のサーフィンポイントとサーフィンショップがあり、多くのプロサーファーを輩出しています。

日本初のサーフィン大会開催の地

鴨川市の住宅助成制度

鴨川市における就職支援

鴨川市におけるその他の支援制度

鴨川市移住就業支援制度

東京23区(在住者又は通勤者)から鴨川市に移住して、就業または起業した方に“移住就業支援金”を支給します。(1世帯につき100万円、単身の場合60万円)

http://www.city.kamogawa.lg.jp/soshiki_ichiran/machizukuri/gyomuannai/ijyu_teijyu/1578542990510.html

千葉県地域課題解決型起業支援制度

鴨川市で新たに社会的起業をする移住者を支援します。(最大200万円)

https://www.ccjc-net.or.jp/contents_detail.php?frmId=2692

主な相談窓口

移住・定住総合相談窓口
鴨川市ふるさと回帰支援センターホームページ「かも住」

 

移住のことならなんでも「かも住」

 

千葉県への移住を検討されている方へ

当市の、移住・定住総合相談窓口である【鴨川市ふるさと回帰支援センター】では、相談者から理想のライフスタイルなどを伺い、「移住するまえ」と「移住してから」のライフプランづくりを支援します。また、先輩移住者などの紹介(要調整)、空き家バンク等の物件情報、各種支援制度に関する情報を提供します。お気軽にご相談ください。

「鴨川人に、俺はなる!」

鴨川市ふるさと回帰支援センターでは、鴨川暮らしセミナー(通称:かもくら)を年間20回程度開催しています。移住検討者から既に移住された方まで様々な人たちが参加し、田舎暮らしに必要なスキルや楽しみ方はもちろん、野菜の栽培方法も学べ、鴨川暮らしについての情報交換の場にもなっています。

各市町村からのメッセージ

千葉県の求人を探す