トップページ > 企業情報 > 株式会社 ヒロハマ
気になる!

株式会社 ヒロハマ

金属製缶パーツ製造業界No.1のシェアで、缶パーツを通じて、缶の社会貢献を全面的に支援します。

株式会社ヒロハマは、缶のパーツの専門メーカーとしてキャップや口金、手環(持つ部分)などの製造・販売を行なっております。
弊社のキャップは手で押すと「パチン」と開く独自の構造です。主に自動車オイルなどが入った4L缶や、塗料・シンナー・業務用の醤油や食用油などに使用される18L缶に使われています。
現在弊社は全国に3社ある缶の総合パーツメーカーの中で、60%という圧倒的シェアを誇る業界No.1メーカーです。
「缶の社会貢献を全面的に支援する」という経営理念を基に、缶業界の社会的役割をしっかり支援していくための技術力・製品力・サービス力という点で優位性を築いています。

企業概要

法人名 株式会社 ヒロハマ
本店住所 東京都墨田区石原2-28-11
代表者名 代表取締役社長 広浜 庄一郎
資本金 62,500,000円
従業員数 136人
設立年月日 1951年02月16日
上場区分 非上場
平均年齢 36.1歳
平均勤続年数 11.7年
WebサイトURL http://www.cap-hirohama.com/

新入社員研修や外部講習会、資格試験、OJTが中心の充実の教育制度がありますので、安心して社会人としての一歩を踏み出していただけます。
技能検定の取得等、各自の能力を最大限に生かすために必要な通信教育や講習会受講費用等も全額会社が負担します。

また、社員の仲も良く、社員旅行や卓球大会などの楽しいイベントもありますよ♪

ごあいさつ

昭和22年広浜製作所として創業した広浜重治元社長の夢は「いずれはメーカーになる」ということでした。

当初は当然ながら下請け仕事のみ。その中で描いたビジョンは、現在に至るまで㈱ヒロハマの精神として息づいています。

​ JIS(日本工業規格)の制定から始まり、各種新製品の開発・知的財産権の取得・品質レベルの向上、そのすべてがメーカーとしての存立基盤を確立するために必要不可欠なことでした。

これからも私たちはメーカーとしての気概を持って、「缶」の持つ大きな社会貢献性を全面的に支援するという使命を、あくまでも真摯に果たしていきたいと念願しております。

品質・コストダウン・供給責任・品揃え・技術支援・提案営業は、そのための必須事項。すべてにわたって限りないレベル向上をはかって参ります。

広浜 庄一郎 代表取締役社長 

続きを見る
気になる!

株式会社 ヒロハマ

設立年月日 1951年02月16日 
従業員数 136人 
平均年齢 36.1歳

業 種: 製造

URL:http://www.cap-hirohama.com/

千葉県の求人を探す