千葉県 地域しごとNAVI千葉で暮らす人たち多田 朋和
東京 → 千葉
  • 起業家
  • 多田 朋和さん

  • 南房総市在住
  • 家族3人暮らし(妻・子)

起業を目指し、白浜で見つけたストレスフリーな生活

東京を中心に営業やインテリア関連の仕事をしており、内装や不動産の仕事にも携わっていました。
起業を目指していたので、興味のあった九十九里沿いを南下しながら適当な物件を探していたところ、6年前に、白浜で1970年にホテル社員寮として建てられた建物を見初め、賃借する事ができました。
時々、都内で内装の仕事もしますが、車を使えば2時間位で行ける立地なので、白浜での暮らしも充分に満喫でき、移住後の生活はストレスフリーと言えます。

経験を活かし、遊休不動産の活用で新しいビジネスにチャレンジ

電気、水道、ガス等のインフラを整備し、友人数人と半年かけて、内装、外構をリニューアルしました。1階は喫茶店とし自分で運営、2階はゲストルームと学習塾を賃貸、3階は、浴室、トイレ等の水周りを共用するシェアハウスとして現在6組に賃貸しています。
現在、1階の喫茶店は、シェアハウスの居間的な役目も果たしていますが、余ったスペースをアクセサリー工房や展示スペースにするなどアートに親しめる空間として利用しています。3階のシェアハウスは、12畳のワンルームの内部を利用者が自由にリフォームでき、部屋ごとに個性的な空間になっています。入居の引き合いも多く、現在1 8組待ちの状態です。
自分の経験を踏まえ、ストレスフリーなこの土地に、都会の人々が移住あるいは2拠点居住する場をつくる支援として、現在、遊休不動産のリニューアルなどを行う「アパートメントプロダクツ」も営んでいます。

房総半島最南端の町を芸術家の拠点に ~新しい可能性を追い求めて~

白浜は房総の最南端で内房にも外房にも行ける魅力的な立地で、週末に都内や神奈川などからデザイナーなども多く集まる場所でもあります。その中で、この「シラハマアパートメント」が芸術的な感性の高い人の集まれる拠点となればと考えています。 
妻の実家が近いので、今はそこに子供も一緒に住んでいます。
農業にも興味があり、カフェで使う、野菜、ハーブなどを家庭菜園で育てています。最近、海沿いに2反の土地を購入しましたが、そこでワインを造ったり、観光農園など出来ればと考えています。

●シラハマアパートメント
http://www.shirahamaapartment.com/top.html
●アパートメントプロダクツ
http://www.shirahamaapartment.com/home.html

楽しく考えよう、もっと「自分らしく」暮らすこと。

地元での就職・転職や、働く以外のコトとのつながりを見つめなおす人が増えています。

家族や大切な人と相談しよう
家族や大切な人と
相談しよう
自分だけでなく大切な人にとっても大事な決断になることが多い移住。大切な人と一緒に考える時間も、判断材料や大切な思い出になるかも知れません。
×
自分にとっての「幸せ」を振り返ってみよう
自分にとっての「幸せ」を
振り返ってみよう
幸せとは一人ひとり異なるもの。自分自身をよく振り返り、大切にしたい事や今後の暮らしにおける優先順位を考えましょう。
×
検討に必要な情報を集めてみよう
検討に必要な情報を
集めてみよう
移住・Uターンを検討するために、住まい、しごと、子育て環境や子供の教育環境、移住者の声など、自分に必要な情報を幅広く集めてみましょう。